今頃(2002年7月)になってやっとデジカメを買いました。
昔、カメラに少し興味があったのですが・・・・・・。
今、写真を少しやってみようかなと思っているのです。

左上は30年間使っているcanon F-1
右上はCASIOのQV-4000
右下はCASIOのQV-3500
他に奥さん用にcanon EOS-650

1.手始めに接写スタンドを作ってみました。

材料はステンのL−アングルとアクリル板 組み立てると、このようになります
ビューアの光でスタンドが光り輝いています 光り輝くのはマズイので黒紙を貼りました

早速 1.ポジの接写 2.ネガの接写 3.ポジのデュプリケイトを試してみました。
ポジの接写は上手くいきます。フィルム・スキャナーの代用に私的には十分です。(sample-1)
ネガは難しいです。ホワイトバランスを色々変更してみましたが・・・。(sample-2)
F-1とマクロレンズでポジのCOPYをしてみましたがダメです。色調までおかしくなっています。
たぶん、安物のビューアの所為もあるようです。


2.ストロボ用ACアダプター
私のストロボは単三を6本が必要です。充電するのも大変なので、ACアダプターを作ってみました
ただしWeb上でストロボから白煙を上げたとの報告もありますので、良い子の皆さんは真似をしないように!
工作と言う程の物でもありませんね!DC電圧は単三を6本分ですので9Vです



3.スピーカ・ユニットのガード
オーディオは私の趣味であり、スピーカ・ユニットは私の命とは言いませんが大切な物です。
そのスピーカ・ユニットのセンターキャップを凹ますお客さんがいるのです。
床上160cmの所にあるので小さな子供さんではありません。
今まで3個のユニットが被害に会い、遂に防衛する事にしました。

凹みは針を突き刺して修復しようとしたが
コーンのシワは修復不可
材料は4ミリ、10ミリのステンの丸棒
6ミリのステンのボルト、そして桜の集成材
ガードを付ける前 ガードを付けた後
ガードの正面からのアップ ガードの側面からのアップ